1歳を迎えたコッコちゃん♪ヨロシクね。


by coco-eri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2007年 05月 06日 ( 2 )

コッコちゃん退院!!

なんと早くも退院できました!嬉しい!

休日なので主治医の先生と話す機会はないと思っていたら、12時に面会に行ったときにたまたま先生がいらして、熱も下がって様子も安定してるので退院してよいとの事。
後日、外来で診察してもらい経過を確認します。

救急で病院に行った時に診断してくれた先生は「ブドウ球菌~症候群」と診断したけれど、結局その症状(皮膚が火傷の様にただれてめくれてくる)は出てないので違うみたい。
水疱瘡の水疱が破けてそこから菌が入り、体が炎症を起こしたらしいです。

今は水疱瘡と風邪で薬をたくさん飲まないといけないけど、小さいながらに頑張って飲んでます!えらいぞ!

5/4の明け方から5/6まで2泊3日の入院生活でした。
たった2日離れただけだけど、と~~~っても長く感じたよ。
病院で面倒見てもらえているので、心配することはないだろうけど、ちゃんと寝てるかなあ?オムツ替えてもらえたかなあ?うつぶせのまま泣いてないかな?とか色々心配は尽きなかった!

今日からまた一緒に生活できてありがたいです。
きっと寝てくれないと、早く寝ろよ~~!!とか思ってしまうけどそう思える普通の事がありがたいんだよね。

母乳で育てると免疫があるから6ヶ月くらいまでは病気しないと思ってたけど違うのね。
免疫が切れてくる平均がだいたい6ヶ月なだけで、もっと早くに病気する子はするんだね。
勉強になりました。
コッコちゃんと過ごす初めてのGWは「コッコちゃん初めての入院」でした。
[PR]
by coco-eri | 2007-05-06 15:01

コッコちゃん入院

GW初日の5/3、コッコちゃんの鼻水が止まらず咳もくしゃみも増すばかり。
おでこや背中には水疱がある。
風邪?もしや水疱瘡?と思い病院に行ってみました。

水疱が10個くらいしかないけど、多分水疱瘡でしょう。
明日にはブツブツが増えるからそしたらまた受診して。後、風邪も引いてるから薬だします。
おうちでおとなしくしててね。
と、先生に言われて帰宅したのが15時過ぎ。

この時はコッコちゃんはまだ元気そうに見えたので普段と同じにすごしてたけど
夜になるにつれてグッタリしてる。水疱は増えず。
寝かしつけしなくてもグッタリして寝ちゃったけど熱は微熱だし、また明日病院行ってみようかな。
なんて思いながら寝たんだけど、夜中の2時にコッコちゃんをさわると熱い!!
普通じゃない熱さ!!
熱を測ると39.7もある!!
これは救急で受診しないと!と思いすぐに病院に連れて行くと即入院になってしまいました。

病名は「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」です。
何それ?!いきなり入院?!わけわからない!!とあたふたしてしまいました。
コッコちゃんは手足以外が真っ赤になってかなりの高熱で本当にグッタリしてしまって動かないし・・・。
とにかく伝染病なので隔離して個室で入院が必要とのことで、コッコちゃんを預けることになりました。
高熱の中泣き叫びながら点滴されて、採血されて、レントゲンもとって本当に可哀想で泣けてくるよ~。

でも、早い処置のおかげで日に日に熱も下がり、病気の症状として皮膚がただれて剥けてくると言われたけどそれもなく、かなりの回復力で入院してる意味あるの?ってくらい元気です。
笑う余裕も出てきたし!
しかし、面会時間が12時から21時までなので夜は一人寝ないといけないコッコちゃん。
大丈夫かな~~。心配でならないよ。
今日は一人で遊んでる最中にこっそりと帰ってきました(涙)

ママのおっぱい以外うけつけない子だったけど、昨日は哺乳瓶で粉ミルクも飲んだっていうから驚き!!

連休中は先生がいないので詳しいことは全然説明してもらえず、抗生剤の点滴と水疱瘡の薬と風邪の薬を投与されてる状態。
月曜日になったら詳しいことがわかるらしい。
絶対退院できると思うんだけどな~。

初めての病気がいきなりの入院で焦りまくってしまいました。
そしてあんなに小さいのにものすごい存在感だったと改めて実感。
いかに普通に過ごせる毎日がありがたい事かと思い知ったGWでした。
[PR]
by coco-eri | 2007-05-06 01:09